マニュアルの種類

世間にはマニュアルと呼ばれるモノが多数存在しますが、「製品マニュアル」と「業務マニュアル」に大別されます。ここではその違いや、制作するうえで気をつけたいポイントを紹介します。

用途
製品マニュアル製品に付属し、その使用方法を説明したもの・ユーザーズマニュアル
・リファレンスマニュアル
・クイックガイド
・設置マニュアル
 etc.
業務マニュアル業務を可視化し、その手順を標準化したもの・伝票処理マニュアル
・接客マニュアル
・危機管理マニュアル
・監査マニュアル
 etc.



製品マニュアルと業務マニュアルはどう違う?

製品マニュアルも業務マニュアルも、手順を伝えるという目的の部分は同じです。違いは「読み手」です。

製品マニュアルの読み手は「対象製品を購入した人」になりますので、どんな人に読まれるかわかりません。まったく知識のない人も想定して、専門用語などは極力使わず、できるだけわかりやすく制作することが大切です。

対して業務マニュアルの読み手は「対象業務についてある程度知っている人」の場合が多いです。また配属されたばかりの新人が読む場合も、先輩がOJTでフォローするケースも考慮に入れて制作する必要があります。

目的内容
製品マニュアル・製品を使用するためのサポート
・顧客満足度の向上
・リピート購買の促進 etc.
・特長
・手順
・法規
・注意喚起
・サポート情報 etc.
業務マニュアル・業務の見える化
・業務品質の向上
・無駄の排除
・人材育成 etc.
・手順
・権限/承認フロー
・実施時期
・申請書類 etc.


マニュアル制作時の共通点

製品マニュアルと業務マニュアル、読み手も目的も違いますが、制作時のポイントには共通点がいくつかあります。

体系的な目次と高い検索性

目次は読み手の視点にあわせて体系的なものとしましょう。マニュアルのページ数が多い場合は、索引を用意して検索性を高めるのも効果的です。

文章は簡潔に

あれもこれもと一文に書き込むと、本当に伝えなければいけないことがぼやけてしまいます。文章はできるだけ平易な言葉を使い、簡潔にすることが大切です。

専門用語は控える

専門用語を使った方が書きやすい場合もありますが、読み手が意味を理解できない用語を使うことは控えましょう。どうしても専門用語を使わなければ説明ができない場合は、その意味を別途解説する必要があります。

わかりやすい本文構成

マニュアルの本文を構成する「章タイトル、リード文、見出し、手順説明文、注意文、補足説明文」は、その関係を乱さないよう気をつけましょう。本来なら手順説明文とすべきところを注意文にしてしまう、といったように、この関係を乱すと読者も混乱します。

図表やイラストを適切に使用する

説明が文章だけだと、読み進めていくうちに疲れてしまいます。図表やイラストを適切に用いることで、読み手の理解度は大きく高まります。


質の高い制作会社をお探しの際は、モダンにご相談ください。

モダンは創業より40年以上にわたって、取扱説明書の制作や印刷などのサービスをお客様に提供してまいりました。製品マニュアルや業務マニュアルの制作については、どうぞご遠慮なくモダンまでお声がけください。

〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目12番11号03-5812-1050受付 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください