撮影の現場(特に動画撮影)では、普段聞きなれない業界用語が飛び交います。たとえば撮影中に、カメラマンからアシスタントに向かって「八百屋にして!」と指示が飛ぶことがありますが、何のことかわかりますか?

「八百屋にする」とは撮影現場で使われる業界用語で、物品を撮影する際に八百屋の台のように物を手前に傾けることを指しますが、そもそも「八百屋にする」の意味がわからないと仕事がスムーズに進みません。

そこで主に動画撮影の現場で使われる業界用語を、以下にいくつか紹介します。


撮影現場の業界用語集

あおるカメラを上に向けて撮影すること。
後ピン【あとぴん】ピントが被写体の後ろにあっている状態。
前ピン【まえぴん】ピントが被写体の前にあっている状態。
ありもの新たに購入や手配をしないで、手近にあるものをつかうこと。
板付き【いたつき】シーンの頭から画面に登場人物が入っていること。
位置決め【いちぎめ】撮影する物を配置する位置を決めること。人物の立ち位置の意味で使われることもある。
行って来い【いってこい】行って戻ること。往復の意味。
インサート動画編集で、連続している映像に、別の映像や音声を挟み込むこと。
イントレ撮影現場で使う組み立て式の足場。俯瞰撮影でよく使われる。
うるさい【うるさい】1.被写体以外によけいなものが写り込んでいる状態。
2.画面全体がごちゃごちゃしていること。
エレン撮影現場で物を挟むときに使う大きい万能クリップ。
押す【おす】予定時間を過ぎても作業が終わらないこと。
オンリー映像はなく環境音や声だけを収録すること。
カチンコ映画の撮影現場などで、シーンナンバー、カットナンバー、テイク数を書く板。
かぶる1.被写体の前に余計なものが写り込むこと。 
2.録音の際、必要な音に不必要な音が重なること。
カポック照明で光を反射させる発泡スチロールの板。
上手【かみて】撮影する側から見て右側。
下手【しもて】撮影する側から見て左側。
けつかっちんタレントや撮影場所などを押さえられるギリギリの時間。この時間までに終わらないと必要なカットを撮れない。
ケツボールドカチンコをカットの最後に上下逆さに入れること。
けられレンズなどが原因で、画面の四隅が暗くなること。
香盤表【こうばんひょう】内容、登場人物、その他の情報が、シーンごとに書かれた一覧表。
しずる料理や食材の画像が食欲をそそる様子。「しずる感がある」などと使う。
てっぺん夜中の12時のこと。12時を過ぎると「てっぺんを回る」という。
長玉【ながだま】「望遠レンズ」の俗称。焦点距離の長いレンズ。
ボードカチンコの代用としてシーンナンバー、カットナンバー、テイク数を書くスケッチブックや小型の白板。
はける被写体がフレームの外に出ること。
箱馬【はこうま】台や椅子、脚立の代わりにもなる、とても便利な木製の箱。
バストショット人物の胸から頭が写るサイズのこと。
ばみる出演者や物の位置の目印として床にテープで指定すること。
ハレーション撮影時、全体に光がかぶった状態。
ばれる画面の中に本来写ってはいけない撮影機材やケーブル、仕掛けが写り込むこと。
見切れる【みきれる】【ばれる】と同じ意味。
反時計【はんとけい】撮影する物品などを、反時計回りに少し回転させること。
時計【とけい】撮影する物品などを、時計周りに少し回転させること。
フリッカー画面のちらつき。
フリーズ動画の中のひとコマを静止画にすること。。
前のり【まえのり】1.遠方地のロケ等で、前日に現地に入り宿泊すること。
2.スケジュールに先行して作業を行うこと。
巻く【まく】作業を予定より早めて進行すること。
モアレ被写体の細かな縞模様に走査線が干渉して発生する、にじんだような模様のこと。
八百屋【やおや】物品を撮影する際、八百屋の台のように物を手前に傾けること。
寄り【より】1.バストショットやアップショットなど、撮影対象に寄った映像を指す。
2.現在の画角より、撮影対象に寄った映像。
ロケハン撮影前の下見(ロケーションハンティング)のこと。
MA映像にナレーションやBGMなどの音声素材を組み合わせる編集作業。


質の高い制作会社をお探しの際は、モダンにご相談ください。

取扱説明書だけでは、操作説明が不十分、動画制作に着手したい、現在委託している会社とベンチマークしたい、どこに頼んだら良いかわからないなど、あらゆるお客様のニーズにお応えいたします。どうぞ遠慮なくモダンまでお声がけください。

〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目12番11号03-5812-1050受付 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください