業務効率化や人件費削減などの課題の対応を検討する上で、最近よく耳にするRPA。

RPAは、人がパソコンを使って行うルーティン業務を、自動化することができます。
RPAは工場などで動いているロボット(機械)とは異なり、あくまでソフトウェア上で実行されるものなので、機械のように姿、形があるものではありません。RPAを導入検討の際に知っいて欲しい情報をご紹介いたします。

RPAとは

RPAとはRobotic Process Automationの略称で、「プロセスを自動化するロボット」と言う意味です。
パソコンを使った業務を行うことは、人手と時間が必要で、ヒューマンエラーの可能性があります。
その様な定型的な作業をRPAに任せることで生まれた時間を、付加価値の高い業務に注力できるようになります。

例えば、企画立案などクリエイティブな業務はRPAの苦手な範囲です。
ルール化された繰り返しの多い業務、または、パソコン操作のみで完結する業務はRPA化を検討することができます。それにより業務の効率化をはかり人件費などのコスト削減、ヒューマンエラーの防止に繋がります。
また、少子高齢化による労働人口の減少などの社会的な背景もあり、各企業でRPAの導入が進み、脚光を浴びています。

RPAツールには専門的なプログラミングの知識がない人でも操作画面上で直感的に操作できるものが多く、導入を進めやすいでしょう。以下では、RPAの特性や特長、メリット・デメリット、RPAツールの種類についてご紹介します。

RPAが効果的な業務の条件

RPAの導入では、RPAの特性や特長を理解する必要があります。RPAにも得意・不得意があります。

RPAの特性(得意な業務)
  • 人の判断を必要としない作業
  • ルールに従って同じ作業を繰り返す作業、定型的な作業
  • パソコンの操作だけで完結する作業
RPA特長
  • ユーザーが簡単にロボットの作成・修正ができる
  • Webサイトやソフトウェアなど、複合的な作業でも対応できる
  • 24時間365日稼働
RPAに適している業務
  • Excelを使った集計
  • 社内システムから収集した情報の集計(顧客管理、売上管理、在庫管理など)
  • Webサイトの情報を収集して集計
  • 交通費精算、請求書データの入力、手続き
  • データの転記作業
  • SFA(営業支援システム)などからダウンロードしたデータの集計、など

さまざまなカタチのロボットが作成可能です。

RPAメリット

コスト削減

単純な作業でも、人手は必要です。RPAなら人件費(時間や費用)を抑え、教育や採用に掛かる費用も削減できます。

業務のスピード化

人手より遥かにスピーディな処理が可能です。また、24時間稼動ができます。

ミスの防止

RPAは決められたルールで、正確に実行するため、エラー発生の心配がなく、業務品質の向上につながります。

生産性の向上

単純作業をRPAに任せることで、時間を生み出し、クリエイティブな作業など、付加価値が高い業務に集中することができます。

働き方改革の実現

単純作業をRPAに実行させることにより、業務の効率化を行い、「働き方改革」に繋がり、より良い労働環境を実現できます。

RPAデメリット

RPA導入には数多くのメリットがありますが、リスクやデメリットも存在します。

ロボットの停止

システムの障害や変更などでロボットが止まる可能性があります。

ロボットの管理業務が発生する

作成済のRPAの運用管理などモニタリングが必要です。管理を疎かにすると、知らないところでRPAが稼働を続け、サーバーの高負荷による機能停止となり、期待した結果を得ることができなくなります。

情報漏えいの危険性

ネットワーク上のサーバーにRPAを稼動させる場合は、不正アクセスなど、なにかしらの理由で大切な情報が漏えいする可能性があります。セキュリティソフトウェアの導入、パスワードの定期的な変更など対策が必要不可欠です。

RPAツールの種類

RPAツールの種類には、大きく分けて「デスクトップ型」、「サーバー型」、「クラウド型」の3種類があります。

  • デスクトップ型:パソコン1台から導入でき、個別のパソコンで完結する業務に適したスモールスタート向きです。
  • サーバー型:大量データの処理、複数ロボットの一括管理ができ、セキュリティが強い特徴です。機密情報や個人情報などに関する業務、自社サーバー運用の企業向け
  • クラウド型:ブラウザ利用の業務に特化したクラウド型サービスで、廉価に導入することができます。クラウドサービス利用の企業向け

RPAツールは国産、海外産を含め多数ありますが、導入には規模や目的に加え、初期費用、月額費用やベンダーのサポート体制を確認し、選定する必要があります。

質の高い制作会社をお探しの際は、当社モダンまでご相談ください。

モダンは創業より40年以上にわたって、取扱説明書の制作や印刷などのサービスをお客様に提供してまいりました。
要件定義からRPAの導入をご検討の際は、どうぞご遠慮なくモダンまでお声がけください。