文字記号

SNSの利用や勤務先でのメール、企画書、プレゼンテーション作成など、生活の中で文章を書く機会は多くあります。その際、何気に「文字記号」を使うことはないでしょうか。文字記号を正しく使うことで、相手に文章や伝えたい内容が分かりやすくなる場合があります。ここでは、知ってて便利な文字記号の使い方について紹介いたします。

文字記号には、良く使われる「区切り符号/区切り記号」や「かっこ類」のほかにも、さまざまな種類があります。あまり知られていない文字記号の呼び名をさり気なく使えると、ちょっと自慢できるかも知れませんね。

区切りに使われる文字記号

記号呼び方使い方
くてん(句点)、まる文章の終わりにつける
とうてん(読点)、てん・文章の区切り≒読むときの「息継ぎ」の場所
・主語が長い場合の区切り(主語が短い場合は省略)
・「や」などの接続詞のあとに名詞が続くときの区切り
・漢字やひらがなが続くときの区切り
・「しかし」「また」「そして」などの接続詞のあとの区切り
,カンマ、コンマ数字の3桁区切りや欧文単語の区切り
.ピリオド欧文の文章の終わりにつける
なかぐろ(中黒)・単語が続くときの区切り
・「スラッシュ」は「and」「or」の意味で使われるのに対し、似たような性質の単語を並べるときに使う
・外国人をフルネームで表記するときに使う
・ビュレット(●)の代わりとして、箇条書きの先頭に使う
:コロン欧文で、あとの補足説明や引用をつなげる際に使う
;セミコロン欧文で、関係のある2文を繋いだり、接続詞の役割として使う
アポストロフィ・複数形のない単語で複数を表すとき:90’s music
・所有格を表す「s」の前: Father’s Eyes
・短縮を表すとき:I’m
!かんたんふ(感嘆符)、エクスクラメーションマーク・驚きや感動、強調などの文章や語句の最後につける
・複数並べて、さらに強調することもある
?ぎもんふ(疑問符)、クエスチョンマーク疑問文や質問文の最後につける
?!ぎもんふかんたんふ(疑問符感嘆符)疑問(?)と感嘆(!)を同時(厳密にはやや疑問が先)に表す際に使う
ハイフン・複数の語をつなげてひとつにする
・ひとつの語を音節で分離する
なみ(波)ダッシュ時間や空間の間隔を表す:横浜~新橋、午前8時~午後6時など
さんてん(三点)リーダー会話文の文頭や文末につけて余韻を表現したり、沈黙を表したりするために使う
スラッシュ「and」「or」の意味で複数の名詞を結ぶときに使う

括弧(かっこ)などの文字記号

記号呼び方使い方
( )かっこ(括弧)、パーレン任意の文字や数字などを囲って、他の文と区別するために使う
⦅ ⦆にじゅうかっこ(二重括弧)パーレンの中にさらにパーレンを入れるときに使う
「 」かぎかっこ(かぎ括弧)会話文の始めと終わりにつける
『 』にじゅうかぎかっこ(二重かぎ括弧)・会話文の中に入る会話の始めと終わりにつける
・書名や曲名を示す際に使う
〔 〕きっこうかっこ(亀甲括弧)注記や補足説明などを入れるときに使う
[ ]ブラケット・数式で括弧( )を入れ子にする際に、外側の括弧として使う
・音声表記や単位を明示する際に使う
{ }ブレース2つ以上の項目をまとめて囲む際に使う
〈 〉ギュメ・強調や引用を表す際に使う
・不等号を示す
《 》にじゅう(二重)ギュメ括弧内での強調を示す際に使う
【 】すみ(墨)つきパーレン強調を表す際に使う
‘ ’コーテーションマーク欧文で「 」と同じように使う
“ ”ダブルコーテーションマーク欧文で『 』と同じように使う

繰り返しなどの文字記号

記号呼び方使い方
ののじてん(ノノ字点)「同上」を表す省略文字として使う
どうのじてん(同の字点)、ノマ字点漢字を繰り返す際にに使う:代々木、人々
※次のようなケースでは使えない:民主主義、会社社長
いちのじてん(一の字点)カタカナを繰り返す際に使う:バナヽ
いちのじてん(一の字点)ひらがなを繰り返す際に使う:こゝろ

その他 文字記号

記号呼び方使い方
ビュレット箇条書きの先頭に使う
だんらくきごう(段落記号)段落の始まりあるいは段落の終わりのいずれかに置く
§セクションマーク、せつきごう(節記号)節の始まりに置く:§1は第1節であることを示す
こめじるし(米印)注釈文などの先頭に使う
アスタリスク、アステリスク欧文で「※」と同じように使う        

質の高い制作会社をお探しの際は、モダンにご相談ください。

モダンは創業より40年以上にわたって、取扱説明書の制作や印刷などのサービスをお客様に提供してまいりました。
各種マニュアル、販促物、パッケージの制作をご検討の際は、どうぞご遠慮なくモダンまでお声がけください。