「パーティー」や「ヒュー」など外来語や擬音では、音を伸ばすときに長音記号(音引き)を使います。しかし「コンピューター」と「コンピュータ」ではどちらがいいのか、といったように、長音記号を入れるべきかどうか悩むことも多いでしょう。

事前に用語集で規定されていれば、何にも考えずに従えばいいのですが、用語集が古かったり、そもそも無かったり、また長音記号をつけるかどうかの慣例も、時代とともに変わってきています。


時代とともに変化する長音記号のルール

基本的には、カタカナ表記の際に「つづりの終わりの -er、-or、-ar あるいは -y」に対応して語尾の音に長音を付けることが一般的です。しかし技術系の分野においては、長音符号を省く慣例もあります。

かつてIT関連の取扱説明書では、長音を極力入れないという暗黙のルールが存在していました。ところが、最近のWindows 10では「ブラウザ」が「ブラウザー」に代わっています。長音を省略するが主流だったのは少し前のことで、最近は長音記号をつけることが主流になりつつあり、この先もどう変わるかわかりません。

参考)平成3年 内閣告示第二号
原語(特に英語)のつづりの終わりの -er、-or、-ar などに当たる語は、原則としてア列の長音とし長音符号「ー」を用いて書き表す。ただし、慣用に応じて「ー」を省くことができる。
参考)JIS(日本工業規格)の「Z8301」
長音を省略するためのルールが規定されています。基本ルールは次の2点。
①その言葉が3音以上の場合には,語尾に長音符号を付けない
②その言葉が2音以下の場合には,語尾に長音符号を付ける

分野によって変わる長音記号の慣例

電気や電子、情報、通信、機械といった分野では、一部の語で語尾の長音記号を省く慣例があります(物理、化学などの分野では省かないのが一般的)。
ただし、電気や電子、情報、通信、機械の分野でも、一般ユーザー向けの文書では長音記号を付けることもあります(例:BDレコーダー)。


長音記号の使い分けの目安

先に示した原則通りに、原語のつづりの終わりが「-er、-or、-arあるいは-y」だからといって「トランジスター、コンピューター」という表記では、語感が間延びしていると感じる人もいるかも知れません。かといって「バー(bar)やキー(key)」が「バ、キ」では不自然です。

上記の例でいうと、技術者が馴染んでいるのは長音記号をつけない「トランジスタ、コンピュータ」です。専門分野の用語の基準となる学術用語集を見ても、長音記号を付けず「トランジスタ、コンピュータ」と表記されています。

電気や電子、情報、通信、機械の分野の技術文書には、3音ルール(3音以上の単語には長音記号をつけない/3音以下の単語には長音記号を付ける)が使われることが多いようです。3音ルールで判断する方法は、出版社などでもよく使われています。

3音ルール
原語(特に英語)ルール
つづりの終わり が-er、-or、-ar3音以上は語尾の「ー」を省略するモニタ(monitor)、フィルタ(filter)
2音までは語尾に「ー」を付けるパワー(power)、シャワー(shower)
2音までであっても間に長音を含む場合は語尾の 「ー」を省略するモータ(motor)、サーバ(server)
※ユーザ、メーカなども同様の扱い方をする場合がある
つづりの終わり が-y3音以上は語尾の「ー」を省略するメモリ(memory)、テクノロジ(technology)
2音までは語尾に「ー」を付けるコピー(copy)、ボディー(body)  ※原語の表音符号では長音ではない
2音までであっても間に長音を含む場合は語尾の 「ー」を省略するプーリ(pulley)
定着した慣用がある場合 慣用に従うムービー(movie)、エア/エアー(air) 、ホッパ/ホッパー(hopper)

結論=どちらも正しい

結局のところ「どちらが正しいの?」という質問への回答は「どちらも正しい!」が正直なところです。

長音記号を付けるかどうかよりも、むしろ大切なことは「表記を統一すること」であるといえます。表記が混在することで読み手を混乱させることのないよう、用語集を充実させるなどの対策が重要です。


質の高い制作会社をお探しの際は、モダンにご相談ください。

モダンは創業より40年以上にわたって、取扱説明書の制作や印刷などのサービスをお客様に提供してまいりました。用語の整理や用語集の作成など、どうぞご遠慮なくモダンまでお声がけください。

〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目12番11号03-5812-1050受付 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください